忍者ブログ

ファッションナビ

レディースファッション関連のニュースを紹介

2019.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
スポンサードリンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



マーク・ジェイコブスがロンドンに進出

『VOGUE NIPPON』 から要約です。

そう、この冬を越せばロンドンはもっとホットになる。今年の2月にニューヨークで自分のデビュー・コレクションを発表したネーサン・ジェンデン(『ダイアン・フォン・ファステンバーグ』のクリエイティブ・ディレクター)だけでなく、マーク・ジェイコブスも今度の2007-8秋冬コレクションをロンドンで披露することになった。

ニューヨークを拠点にするマークだから、メインの『マーク ジェイコブス』の新作はもちろんニューヨークで発表する。ただしセカンドラインの『マーク バイ マーク ジェイコブス』の秋冬コレクションは、ロンドン・ファッションウィーク中の2月16日に披露するという。この日、ロンドンのメイフェア地区マウント・ストリートに『マーク バイ マーク ジェイコブス』一号店をオープンするからだ。

プラダ』のミウッチャ・プラダは2シーズン前から、セカンド・ラインの『ミュウ ミュウ』のコレクションをパリで発表しているが、マークも自分のセカンド・ラインに新しい刺激を与えるためにロンドンへ来るらしい。

ただし、ずっとロンドンにとどまるつもりはなく、9月には従来どおりニューヨークに戻るという。
PR


神戸のセレクトショップがオンラインショップ「アビ・トロワ・デ・ロンド」をオープン

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

神戸の人気インポートセレクトショップ「habit trois(アビ・トロワ)」がオンラインショップ「habit trois de rond(アビ・トロワ・デ・ロンド)」をオープン。

「habit trois」はフランスを中心にヨーロッパで買い付けたファッションアイテムを取り揃えるインポートセレクトショップ。「人と違ったスタイル・みんなと違う私」をコンセプトに、バイヤーの目と感性と足で一品一品まるで自分の洋服を選ぶように買い付けられた商品は、1点物も多く圧倒的なオリジナリティがあると話題を呼んでいます。

今回のオンラインショップオープンにより、路面店と同じ商品を全国から購入できるようになりました。


DIESELのハイウエストデニム

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

数年続いたローライズデニム人気も一段落し、次に来る予感なのが「ハイウエストデニム」。

そこで注目したいのが、「DIESEL(ディーゼル)」の2007春夏コレクションより登場するモデル「BRUCKE」です。ヒップを深く包み込み、カーヴィーなウエストを強調するハイウエストデニムは、まったく新しいクールなシルエットを生み出します。美しいバックスタイルを形作り、よりスリムでセクシーなスタイルを演出。トリートメント加工を施さない青さが際立つインディゴに、クリーンなホワイトカラーステッチが効いています。


OSSA MONDO オートクチュールと和裁の技術を駆使したデザイン

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

「OSSA MONDO」とは「自由な視野をもつ最高機関」を意味する「OPTIONAL SCOPE OF SPLENDID ASSOCIATION」(造語)の頭文字の略である「OSSA」と世界規模の視野でデザインすべきという思いから、ポルトガル語で「世界」を意味する「MONDO」を組み合わせた造語がブランド名の由来。

2001年に3本のデニムを中心としたユニセックス展開でブランドをスタート。「ストリートクチュール」をテーマに常にコンセプチュアルで洗練されたモダンでリアルな商品を発表し、今までに例のないストリートチュールと評価され、スタイリストやバイヤーから脚光をあびました。

デザイナーは海外でクチュールを学んだ後に和裁を習得。ふたつの技術を駆使した高い技術のコレクションは、その両極のこだわりやディテールがシルエットに表現され絶妙なバランスに仕上がっています。腕利きの職人たちによって丁寧に仕立てることがOSSAのモノ創りの基本姿勢です。

現在はインポートを中心とした店舗に展開。2006Supring・summerよりレディースラインを分離し、PARISのshowroomで発表しています。


「カルティエ」のクリスマス限定ジュエリーが欲しい

『エル・オンライン』 から要約です。

2006年のクリスマスに向けて、とっておきのジュエリーをお探しなら、ぜひチェックしておきたいのが「カルティエ」から登場するクリスマス限定のジュエリー。

おなじみ“LOVE コレクション”のリングにダイヤモンドを一粒あしらった“LOVE コレクション リングWG 1 ダイヤモンド”。リングに刻印された「LOVE」の文字の「O」の部分にダイヤモンドが埋め込まれたもので、このタイプは2006年のクリスマス限定販売。すでに持っている同シリーズのジュエリーとコーディネートするもよし、また、“LOVE コレクション”の入門アイテムとしてもおすすめ。

そしてもうひとつが、「カルティエ」を代表するアイコン的ジュエリーのひとつである、“トリニティ コレクション”をモダンにアレンジしたペンダント。こちらはピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドの3つの輪を重ねたデザインで、軽やかな印象の“トリニティ リング”とは対照的な、重厚な存在感を醸し出している。それぞれのモチーフが動き、角度によってさまざまな表情を見せるのも、ラグジュアリーブランドならではの遊び心が感じられる。

このほかにも、人気ウォッチ「タンク フランセーズ」の限定モデルなどもラインナップ。


LOUNIE(ルーニィ)スプリングコレクション

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

今シーズンのルーニィはモードなエレガンスラインに、新しいシルエットを加えて展開します。薄くて軽やかなイメージの素材感が、今までになく優しくフェミニンな印象で上品な雰囲気とかわいい表現がポイントになっています。パフスリーブやクロップドスリーブが今シーズンの特徴。

主役のアイテムは、やはりワンピース! 丸みがあってハイウエストからふんわり広がるコクーンシルエットやバルーンタイプのシルエットに注目。スプリングコートもさらに上品でやさしいディテールをプラスしたドレスコートが中心。トップスにボリュームがあるからこそスキニーパンツも定番。トレンドアイテムを引き立ててくれるアイテムもたくさん用意しています。ディテールのポイントは金属ボタンやパーツ類を使ったアクセント。カラーはベージュ・グレー・ネイビーなどで上品さを引き立たせ、色味もクールな印象のカラーを多く使っているので甘いディテールも大人っぽく着こなせます。


和柄の生地を使ったインナーのセット『和包み』登場

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

ギフトにもピッタリ!組み立てると万華鏡として楽しめる特製パッケージに入った和柄生地のノンワイヤーブラジャーとショーツ「和包み」のセット(3990円税込)を11月23日より発売。

ここ数年、特に若い女性たちの間では、アンティーク着物や茶道など、「和」への関心が高まり年間を通じて和装ファッションが定着、小物類と一緒に自分好みの和装ファッションをコーディネイトできるようになってきました。そんな中の「和包み(わづつみ)」登場です。

サイズはMとL、カラーは赤と黒の2色、いずれも縁起の良い「吉祥模様」である菊の花がモチーフで、着物はもちろん和のテイストを取り入れたアイテムとも相性良しです。ブラジャーはワイヤーが入っていないので和装のインナーとして最適、ショーツはサイドがヒモのハイキニタイプで和のテイストとモダンを同時に表現。あと1か月でお正月、晴れ着でお出かけのときはアウターだけでなく清楚な「和」のインナーで身も心も着飾ってみてはいかがでしょう。


あえてミリタリー調で女らしさをじわっと

『大手小町 YOMIURI ONLINE』 から要約です。

オリーブやカーキ色を基調にしたコートやブルゾンなど、ミリタリー(軍服)調の婦人服が人気を集めている。

トレンチコートやピーコートも元々は、ヨーロッパの軍隊で使われていたもの。こうしたミリタリー調のデザインの服は機能的で丈夫だが、ゆったりとしたシルエットで、男性の愛用者が中心だった。

ミラノやパリで行われた秋冬コレクションで、ミリタリー調の婦人服を発表したブランドが増えたこともあって、この秋は百貨店やブティックの店頭にこうしたデザインの服が婦人服として並ぶようになった。

シブヤ西武(東京)でも、30歳前後を対象にしたブランドの多くでミリタリー調の服を見かける。例えば「ジョア」というブランドでは、シックスポケッツと呼ばれるポケットのたくさん付いたミリタリー調のパンツ(2万2050円)の腰元にチェーンの飾りが付けられ華やかな雰囲気。ほっそりとしたシルエットで、ジャケットとも合わせやすい。

色遣いも、軍服などに使われるオリーブやカーキが目立つ。シルクのワンピース(3万3600円)や裏地の付いたトレンチコート(3万3600円)など、エレガントな服にこうした色が使われている。「女性らしさを引き立てる服にミリタリー調の要素を取り入れることで、かえって新鮮に見えます」と、販売担当者は話す。

ラフォーレ原宿(東京)などのファッションビルを中心に販売しているブランド「オズモーシス」が販売しているミリタリーコートは、裏地が毛皮。柄物のワンピースとの組み合わせが新鮮。例えば、フード付きのミリタリーコート(4万4940円)は、取り外し可能なウサギの毛皮のベストが裏地に付いている。

「一見、武骨ですが裏地が毛皮になっていることで、優しさが際立つデザイン」と広報を担当する吉川智子さん。これまで、ミリタリー調のファッションを敬遠していた25歳前後の働く女性にも人気がある。

ただし、全身をミリタリー調で統一するのは避けたほうが無難だろう。「コートがミリタリー調なら、ひだ飾りのかわいらしいシャツやブラウスを合わせるなど、装いのアクセントとして取り入れるのがおしゃれに見えるコツ。明るい色のワンピースや華やかなデザインのネックレスなどと合わせても面白い」と吉川さんはアドバイス。


『MORGAN Fair 2006 Christmas Campaign』12月1日より開催

『Yahoo!ビューティー』 から要約です。

ファッショナブルでセクシーなパリの若者に支持され続けるインターナショナルブランド「MORGAN(モルガン)」が、『MORGAN Fair 2006 Christmas Campaign』を12月1日(金)から26日(火)まで開催します。

キャンペーン期間中「MORGAN」ならびに「MORGAN HOMME」商品を税込15,000円以上お買い上げいただいた方を対象に、『NINTENDO DS Lite』をはじめ豪華商品の当たる応募抽選プレゼントキャンペーンを実施。さらに「MORGAN」および「MORGAN HOMME」ショップでは、先着で『MORGAN オリジナル・クリアトランプ』をプレゼントします。


ふんわりレーシーな可愛げレイヤード

『Trend Tsushinのだめカンタービレ 第4話』 から要約です。

7番を楽しそうに弾くのだめのピアノを聴きながら、千秋はSオケの持ち味に気づき……。という印象的な出来事が起こった日の“のだめスタイル”に注目!

ふんわりとしたモヘアニットは、レースのように繊細な編み目が美しい雪をイメージさせるナチュラルスウィートな一着です。女の子っぽさが際立つホワイトアイテムだから、クリスマスデートやパーティーなどお出かけの多いこれからの季節にぴったり!レイヤードスタイルを存分に楽しめる広めの襟元に、今年らしさを感じます。

のだめは長めの袖を7分くらいにクシュクシュとまくってインナーの袖を見せ、ピアニストらしく手元をアピール。程良い高さのハイネックは、すっきりシルエットとベーシックカラーのブラックで重ね着にも便利!さらりとした肌触りのウールジャージーだから、着心地は抜群です。

モヘアニット&ハイネックにコーディネートした「タータンショップ・ヨーク」のチェックスカートは人気が高く完売したそうですが、他にもブリティッシュテイストの薫るスカートをバリエーション豊かに展開しています。


■リンクが自動で増える
自動増殖オートリンク
の登録はこちら
SEO対策、アクセスアップにオートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこ
ちら アイドル画像ここにあり
ビューティーナビゲーター
■Amazon
■リンク
■ブログ内検索
■バーコード
■アクセス解析